問題解決学習/お勧め本    

問題解決学習/お勧め本

■問題解決学習にお勧めの書籍【第3の案 成功者の選択】の感想・レビュー。。


1.問題解決学習/お勧め本
@【第3の案 成功者の選択】の書評
■書籍【第3の案 成功者の選択】の書評、レビューです。



この本は書籍/7つの習慣でも知られるスティーブン・R. コヴィー氏の本となります。

私達の人生に現れる問題には、様々なものがありますが、その中でも人間関係に関する問題も多く「他者との意見の対立」に悩むこともあります。
「他者との意見の対立」時は往々にして、自分か他人、どちらかの意見が勝つことになり、一方は負けることになるようです。

そして一般的に、「他者との意見の対立」時には、お互いが納得出来る妥協案を探すことになり、それなりの妥協案を見出すことを‘問題解決’と呼び、妥協案を探す方法を、問題解決手法/問題解決方法と、呼ぶこともあるようです。

が、この本では、「他者との意見の対立」時に妥協案を探すのではなく、{私の意見/案}でもなく{貴方の意見/案}でもない、より良い第3の案を探すことを提言しています。
このような思考法、、、問題解決の思考法は、より優れた{他者との関係}を生み出し、より優れた{アイデア・案}を生み出すことに繋がりそうです。

私達の人生において、「他者との意見の対立」時に、
{私の意見/案}と{貴方の意見/案}を戦わせる場合と・・
{私の意見/案}と{貴方の意見/案}での中間点に、妥協案を求める場合と・・
{私の意見/案}でもなく{貴方の意見/案}でもない、より良い第3の案を探す場合とでは、人生が大きく異なっていくことでしょう。


書籍の中では、「他者との意見の対立」時に限らず、様々な、二者択一に陥ってしまいやすい状況・・{どちらかが勝って、どちらかが負ける}という状況を例にとって、より良い第3の案を導き出す思考法や手法を、詳しく紹介しています。
本の中には、実例なども多く出てくるため、読んでいくだけで「Aでもなく、Bでもない。AとBの両方の良さを兼ね備えた第3の案」を探す思考回路が、自然と身についていくことになりそうです。
そのような意味では、問題解決学習のために読む本としても、とても役立ちそうです。

より詳しいレビューとして意見の対立を解決する方法の記事も参考になりそうです。

{私の意見/案}でもなく{貴方の意見/案}でもない、より良い第3の案を探す思考回路を身につけていけるよう、少しづつ精進していきたい!という感想を、個人的にはもちました。


〜問題解決学習/お勧めの本〜
<writer 名無き仙人>