沖縄旅行!海で泳ぐ【持ち物リスト完全保存版】私の経験談


スポンサーリンク


沖縄旅行で海に行く持ち物リスト


沖縄旅行に行って、海で泳ぐ予定の場合、いろいろと必要となるものがありますよね。

実体験から、必需品から{あると便利なもの}まで、沖縄旅行で海に行く際の【持ち物リスト】をご紹介。

沖縄旅行!海で泳ぐ【持ち物リスト】です。

※海に限定しない持ち物リストは沖縄旅行に行ってわかった持ち物リスト10月編にて。


<1位 水着>
本当言うと、お金が1位です。全部、現地で揃えることができるから。

沖縄は、旅行者のために、大きなホテルなら売店でも、有名なビーチの近くならコンビニでも、多くの場所で、水着からシュノーケルのマスクから、日焼け止めから、いろいろ売ってくれています。

ただ、現地で揃えると、貴重な時間を無駄にするので、旅行前に買っておいて、荷物にはなるけど持って行くのがおすすめです。

※持ち物リストにあるものを、持っていくのを忘れても現地調達できるので、そこまで神経質になる必要ない!ということですね。

1位は水着です。
現地でも買えますが、お気に入りのデザインの水着の方がテンションが上がりますよね。

あとビーチサンダルも、書かなくても、持っていかれると思いますが、ビーサンもあると便利です。


<2位 日焼け止め>
2位は、水中に入っても大丈夫なウォータープルーフの日焼け止めです。

日焼け止めがないと、かなり焼けてしまうので、特に女性の場合は必須です・・が書かなくても、もっていきますよね。



日焼けすると、将来的にシミの原因となるので、こまめに日焼け止めを塗ることをおすすめします。

また、日焼け止めを塗っても、ラッシュガードを着てていても、ビーチにいる時間や、泳ぐ時間が長いと、結構、日焼けします。

女性の場合は、日焼けした肌の潤いを守るために、アフターケアとして、全身用の保湿液があると良いかと思います。




<3位 シュノーケルセット>
シュノーケルセットも現地で買えますが、宿泊先のホテルの売店で売っていかなった時は探すことになるので、持っていくのがおすすめです。

継続して使う予定でないなら、シュノーケルセットを買っておけばOKです。

シュノーケルセットに関しては、スポーツ量販店よりもアマゾンで買う方が安くコスパが良いのでアマゾン買いがおすすめですね。



ついでに、曇り止めを買っておくのがおすすめです。必須ではありませんが、ゴーグルが曇りにくくなるため、あると便利です。



なお、シュノーケリングとは?という場合には、以下の記事がおすすめです。

シュノーケリング初心者の賢い道具の選び方


<4位 ラッシュガード>
日焼け止め防止のために、水着のうえにTシャツを着る人も多く、それでも構わないのですが、専用ウエアであるラッシュガードがあると便利です。

お洒落で、値段の安いラッシュガードが増えているので、今後のことも考えて、買っておいても損ではなさそうですね。

オシャレな人には、マリンウエアはOp(オーシャンパシフィック)も人気です。



なお、沖縄の大きなアウトレットモールである「あしびなー」には、ラッシュガードはもちろんマリンウエアが揃うショップもあり、行ってみたのですが、時期も関係していたのか値段も安くて最高でした。

那覇空港からも近い「あしびなー」でショッピングを楽しむ時に、マリンウエアを購入するのも有りですね。


<5位 マリンシューズ>
マリンシューズもしくは、シュノーケルセットについている「足ひれ」は、必要です。必需品ですね。

ビーチサンダルでも泳げますが、激しくは泳げないし、はだしで泳ぐと、砂浜でも、たまたま石があったら足の裏を怪我します。

足ひれの方が、シュノーケリングの際に泳ぐには、泳ぎやすいですが、荷物になるのと、陸上では歩きにくく、マリンシューズの方が気軽です。

どちらにしろ、どちらかはあった方が良いですね。




<6位 簡易テントやレジャーシート>
沖縄の有名なビーチでは、ビーチパラソルがビーチにあるものの、有料であり使用するのに1000円など料金がかかります。

また、有名ではないビーチには、ビーチパラソルのレンタルもありません。

そのため、私は、折り畳み式の簡易テントを持っていっています。

値段も高くないので、沖縄旅行以降も使う人には、簡易テントは特におすすめですね。



ビーチに行ったら、海の中にいる時間が長く、ビーチ(砂浜)に長居しない場合は、ビーチパラソルも簡易テントも必要ないとも思います。

ただ、レジャーシートはあった方が便利ですね。
荷物を置く場所の確保の意味でも、レジャーシートは、あった方が良いと思います。



アマゾンには使い捨て出来るようなレジャーシートはありませんでしたが、もっと安い使い捨て出来るレジャーシートも売られているので、そちらもおすすめです。※砂などで汚れるので。

また、レジャーシートがあると、レジャーシートを座席に置くことで、濡れた水着のままレンタカーに乗ることもできます。

シャワーがないビーチや、シャワーが混んでいるビーチ、シャワー室が汚いビーチの場合は、水着のまま、さっさとレンタカーでホテルに戻り、ホテルでシャワーを浴びた方が、何かと良いので、そういう時にも役立ちますね。



なお、沖縄旅行に行った時に、「海で泳ぐだけではなく、シュノーケリングもしたい!」という場合には、以下の記事もおすすめです。

沖縄にはビーチが多くありますが、水中の透明度の関係で「シュノーケリングができるビーチと出来ないビーチ」とが、あるからです。

沖縄個人シュノーケリングお勧めポイント!私の体験談


また、沖縄旅行に関する記事では、以下の記事が人気です。

沖縄に行ったら食べるもの!沖縄料理おすすめ名物ランキング【トップ5】

【沖縄グルメ】沖縄旅行で行って良かった「おすすめの美味しい店」



さて、楽しい沖縄旅行には、何度も行きたくなりますよね。

経済的な余裕作りには、転職や投資、副業が効果的であり、以下の記事が詳しいです。



★よく読まれている記事★
【人気】副業で年収50万円〜100万円を稼ぐ方法「副収入が欲しい人、必見!」

【人気】月収7万円〜8万円を稼ぐ投資手法!手堅い投資対象はコレ

【人気】【就活/転職】ホワイト企業に正社員入社(内定)するコツ!既卒も