自分で引越しのコツ   

自分で引越しのコツ

■自分で引越しをする場合のコツとは?引越し前の事前知識。


1.自分で引越しのコツ
@引越し費用の節約術
■引越し代金を節約しようと思えば、引越し業者に頼まず、自分で引越し行うのが1番安いですよね。
それでは、自分で引越しを行う場合のコツを見ていきましょう。


@ダンボール箱
→引越しにはダンボール箱があった方が便利ですよね。
ダンボール箱は、近くのスーパーで「引越しをするので、頂けませんか?」とお願いするともらえます。

店の外に置いてある、自由に取って良いダンボール箱に丁度良いサイズがない場合は、店員さんにお願いしますと、裏から他のダンボールをもってきてくれる場合もあります。

Aエアコン
→エアコンの取り外しと取り付けは、素人が行うには難しいですよね。
ですからエアコンの{取り外し/取り付け}に関しては、業者さんに頼みます。
新居のエアコン取り付け時には、業者さんの作業車が駐車できるスペースを不動産会社に連絡し確認しておきましょう。


B台車
→引越しをする場合、台車があると非常に便利です。
そのため、引越し業者さん達も台車を使うケースが多いですよね。
自分で引越しを行う場合も、出来れば台車を準備したいものです。
台車はレンタルも可能ですし、購入することも可能な値段で売っています。


C軽トラ
→軽トラックがないと、冷蔵庫や洗濯機、ソファーなどを運べませんから、軽トラはレンタカーでレンタルします。
この時、気をつけねばならないことは、荷物を固定する紐を購入しておくことです。
特に冷蔵庫は、紐で固定しておかねば非常に危険です。
予め、ホームセンターなどで軽トラ用の紐を購入しておきましょう。



D電気とガスは早めに手配する
→電気とガスの手配がすむまで、引越し先の新居では住めませんよね。
ですから、電気とガスの手配だけは先に済ませておくようにしましょう。


E引越し前に掃除する
→家具の掃除は、引っ越す前の部屋で行うのが良いですよね。
でないと、ホコリまみれの家具を、掃除せずにそのまま新居に運べば、新居がホコリまみれになってしまいます。
引越しを行う前の時点で、家具類の掃除をしておこう。


F荷物を減らす
→引越しが決まった時点から、少しづつ荷物を減らしていく段取りを始めましょう。
冷蔵庫の中身を食べて減らしていったり、不必要なものを捨てていくようにします。
荷物が少なくなればなるほど、引越しを行うのが楽になります。



Aまとめ 〜自分で引越しのコツ〜
■自分で引越しを行う場合は、引越しを手伝ってくれる友人の存在がかかせませんよね。
引越しを手伝ってくれた友人に感謝し、美味しいご飯でも奢ってあげたいものです。

また、1人で運べるものは、なるべく1人で運ぶようにしますと、引越しを手伝ってくれる友人の負担も減ります。


<writer 名無き仙人>