アパート探しの注意点    

アパート探しの注意点

■事前に知っておきたいアパート探し/部屋探しの注意点とは?


1.アパート探しの注意点
@部屋探しでの注意点とは?
■良いアパートや部屋を探していくには、いくつか注意点があります。

@担当者
→不動産の店舗に行った際は、担当者(不動産店舗の社員)の方との相性も大事ですよね。
素敵な担当者の方が担当して下さると、アパートや部屋探しがスムーズに気持ちよく進むものです。

担当者には、2種類の方がいます。
@自分の手数料の方が大事
→客にさっさと物件を決めさせて、自分が手数料を稼ぐことばかり考えている担当者の方もいるようです。
そのような担当者は、コチラ側のことを考えずに、営業トークばかりしてきます。
「良い物件を紹介しますよ。」と言っても、その‘良い’とは、不動産屋にとって都合の良い物件であり、客側にとっての良い物件ではないこともしばしばです。

A客の幸せの方が大事
→自社管理の物件に、入居がさっさと決まることよりも、部屋を探しているお客さんの幸せの方を大切にしてくれる担当者の方もいます。
このような担当者が付きますと、入居を焦らされることなく、ゆっくりと物件を見てまわることができます。
また、多くのアパートや賃貸マンションの中から、客が潜在的に望んでいる物件を予測して、客すらもわかっていなかった理想の物件を善意で勧めてくれたりもします。

「担当者の人が、どうも合わないなぁ」と感じる場合は、他の不動産管理会社へと移った方が良いかもしれません。


A物件の外見よりも重要なこと
→住む前は、物件の外見や間取り、築年数などが気になりますよね。
しかし、実際に住み始めてみると・・半年もすれば、物件の外見や間取り、築年数なんて、ど〜でも良くなってきます。それが、当たり前になるからです。
一方、住んだ後に気になってくるのが、「防音面」と「アパートの住民」の問題です。

防音面とアパートの住民に問題があれば、毎日、壁から筒抜けで聞こえてくる話声や足音、夜中まで騒ぐ話し声などに、苦労することになります。
ですから部屋探しの際は、物件の外見や間取り、築年数とともに、「防音面」と「アパートの住民」もチェックしたいものですよね。


B多くを見てまわる
→アパート探しのさい、多くの物件を見てまわるのは時間もかかりますし、メンドウなことです。
しかし、多くのアパートを見てまわることで「自分が本当に求めている物件/部屋」がわかってきます。

自分の望みを全て完璧に満たしてくれる理想の物件/部屋なんて、存在しません。
ですから現実には、どれかを妥協することになります。

そして、多くのアパートや賃貸マンションを見てまわれば、徐徐に「自分にとって、コレだけは譲れない大事なポイント」や「この部分は妥協しても良い部分」などが、明確にわかってきます。
すると、現実にそくした後悔しない部屋選びが、自ずと可能になってきます。

限られた時間の中ではありますが、少しでも多くの物件を、実際に見にいってチェックしたいものですね。


C風水
→風水なんて、一見、とるにたらないバカらしい話ではありますが・・
万が一、風水的に明らかに問題がある物件に入居してしまい、その後に、体調を崩したり、運が悪くなってしまったら嫌ですよね。

ですから、アパート/部屋探しに必要な最低限の風水に関する知識を身につけておき、「風水的に、このアパートは問題ないか?」という風水面のチェックもしながら、アパート/部屋探しを行っていきたいものです。


Aまとめ 〜アパート探しの注意点〜
■少しスピリチャル的な話になりますが・・
その土地や建物が、良いエネルギーを発する土地/建物になるか?それとも、悪いエネルギーを発する土地/建物になるか?は、その土地や建物に住む人間達によって決まっていくケースが多いものです。

ですから、心のあり方や運が良い住民達が住むアパートは、自然と、良いエネルギーを発する土地/建物となっていきます。
一方、心のあり方に問題がある住民達が住むアパートは、自ずと、悪いエネルギーを発する土地/建物となっていきます。

「平気でベランダからゴミを投げ捨てる」
「すき放題自分勝手に、自転車をとめる。自転車を盗む」
「共有スペースである通路に、自分勝手に私物を置く」
「隣の人のことを考えず、夜中まで騒ぎ続ける。壁や床を蹴る」
など、「自分さえ良ければ良いんだ。他の奴のことなんて知らないよ!」という心のあり方に問題があるのかもしれない人が、アパートに増えてきますとおもしろいもので・・
一気に、アパート自体に流れる全体的な、運気やエネルギーが、変化し始めるのです。

少し、そのようなエネルギーの変化などに敏感な人なら、「なんだか、最近・・う〜ん。。」と、すぐにわかることでしょう。

そのような意味では、アパート探しの注意点として1番大事なことは、アパートに住む人間・・アパートに住んでいらっしゃる方々をチェックすることなのかもしれません。


<writer 名無き仙人>