アパートの選び方/失敗編   

アパートの選び方/失敗編

■アパートの部屋探し/選び方。こんな部屋は失敗。失敗編。名無き仙人のレビューサイト。


1.アパートの選び方/失敗編
@失敗・後悔しないアパートの選び方とは?
■失敗経験を元に、アパートの選び方を学んでいこう!


@1Kの部屋
→学生が多く住む地域の1Kの部屋では、学生が音楽を爆音で流したり、近隣の部屋の音に関する問題が発生するようです。
学生が多く住むアパートでは、学生達が部屋でお酒を呑んで騒いだりもするため「夜中まで騒いでうるさい」などの、騒音問題が出やすいようです。

A1Rの部屋
→1Rの非常に狭い部屋で料理を作れば、部屋中に臭いが拡散されるようです。
また、キッチンが狭い部屋の中にあるため、キッチンを布などで隠せないと「部屋に住んでいるのか?」「台所に住んでいるのか?」が、自分でもわからなくなってくるようです。

そして、風水的に問題がある場合、住んでいる期間中、不運なことに巻き込まれることが多くなるのかもしれません。
土地がもっている力や風水もバカにせず、部屋探しを行うのが、上手なアパートの選び方なのかもしれませんね。

B社会人が多く住むアパート
→部屋自体に問題がなくても、1階であれば、常にカーテンを閉めておかねばならないケースも多いようです。
1階は、部屋への出入りは楽で便利なのですが、防犯面では心配な部分もありますし、カーテンを閉めっぱなしの生活となり、部屋自体が暗い印象のものとなってしまいます。
社会人が多く住むアパートでは、皆もルールを守って生活するため、学生が多く住むアパートよりは、いろいろな問題が発生しにくいようです。

C家賃が格安のアパート
→「家賃が安い」ということは、{入居者が決まらない}or{皆がすぐにアパートを転居していく}ということを意味します。
大家さんは、{入居者が決まらない}or{皆がすぐにアパートを転居していく}という場合に、しかたく家賃を、少しづつ下げていくことによって、入居者を増やしていこうとするからです。

「すぐに入居者が決まる」or「誰もアパートを出ていこうとしない」という場合ならば、わざわざ家賃を下げる必要がないため、家賃は下がりませんよね。

つまり、家賃が安いアパートというのは、なにかしらの問題があるからこそ、家賃が安いわけで・・
その問題を把握せずに、家賃が安いだけで入居を決めてしまうと、入居後に、
「こんな問題あるアパートには住み続けることが出来ない!引っ越したい。」
となり、他の多くの人と同様、{皆がすぐにアパートを転居していく}を自分もすることになってしまいます。

なぜ、その物件は家賃が安いのでしょうか?
その理由は、なにかしらの問題があるからです。
その問題を、きちんと知ったうえで入居せねば「こんなハズではなかった」と部屋探しを後悔することになります。

そして、間取りだったり、築年数だったり、立地だったりは、事前に十分に情報を得られますので、{間取り・築年数・立地}などが、入居後に問題として発生してくることはありません。
入居後に、問題として発生してくるのは、入居前にチェックするのが難しい@防音面とA入居者のことですよね。

もし防音面に問題があるアパートで、隣に住んでいる人が、過剰に自分勝手な方場合・・
相手の方は部屋でさわぎ、コチラとしては大迷惑を被ります。
しかし、コチラが少し音でもたてれば、「うるさい!」という意味で、壁をボコボコと殴ってくる場合もあるかもしれません。

これでは、入居してくる人が皆「こんな問題あるアパートには住み続けることが出来ない!引っ越したい。」となり、退去していきますよね。
すると入居者を増やすために、また長く入居してもらうために、家賃がどんどん下がっていくことになります。

家賃だけでは判断出来ませんが、家賃が安い場合は「どんな問題が潜んでいるのか?」を、入居前にわかる項目ではなく、入居後にわかる項目である@防音面とA入居者に関して特に注目し、チェックしたいものです。


Aまとめ 〜アパートの選び方/失敗編〜
■アパートや部屋選びは、失敗しますと、引越し費用や清掃費用、新たなアパートに入るための敷金などに、多くの費用が発生することになります。
また、新しいアパート選びや、引越し、引越しに伴う各種届出作業などに、多くの時間も必要となります。

つまり、アパート選びを失敗しますと、多額のお金と時間を、損してしまうことになるわけです。

アパート/部屋選びは、結婚相手選びにも似ていますよね。
結婚前にわかる情報である、外からの見た目(アパートの外観)や年収(家賃)だけで、相手(アパート)を選びますと・・
結婚後(入居後)に、実は性格面(防音面・隣人面)で問題があることが判明し、結婚後(入居後)に苦労することにもなりかねません。

しかし、だからといって離婚(引越し)しようとしますと、離婚(引越し)に、多額のお金と時間が奪われることになります。

そのような意味では、目に見えない部分・・性格面(防音面・隣人面)をしっかりチェックし、結婚相手選びもアパート選びも、行っていきたいものですよね。


<writer 名無き仙人>