「ドラゴンボール」のレビュー/感想   

「ドラゴンボール」のレビュー/感想

■漫画「ドラゴンボール」のレビュー/感想。名無き仙人のレビューサイト。


1.「ドラゴンボール」のレビュー/感想
@「ドラゴンボール」の書評
■漫画「ドラゴンボール(全42巻)」を読んでみました。



「ドラゴンボール(全42巻)」の単行本は、全世界で2億3000万部も売れているそうです。すごいですよね。

この漫画は、主人公である孫悟空が、修行や戦いをとおして強くなりながら、強敵フリーザや魔人ブウと闘っていく物語となっています。

漫画ドラゴンボールでは、死後の魂が霊界に行ったり・・
いわゆる気孔に関する‘気’を集めて、かめはめ派(衝撃派)をはなったり・・
地球外の知的生命体や、地球外の高度文明にも話が及んだり・・と、日本人に、感覚的に仙人道の世界を暗示し示したという見方も出来るのかもしれません。

漫画の中では「精神と時の部屋」というものが出てきます。
「精神と時の部屋」では、時間の流れが外界とは違い、外界での1日が、この部屋の中では1年(365日)に相当します。
仕事で疲れていて、たっぷり眠りたいときや、期限が迫っている仕事がたっぷりあるときなど、「精神と時の部屋」に入りたくなりますよね。
そして、「精神と時の部屋」で修行し、かめはめ派や舞空術が使えるようになりたいものですね。

仙人/仙女修行のアイデアに行き詰った時は、「ドラゴンボール(全42巻)」を読んだら、なにかしらのヒントを得られるかもしれません。


<writer 名無き仙人>