日本で億万長者になるには   


スポンサーリンク


日本で億万長者になるには

■日本で億万長者になるには?日本の億万長者の年齢や職業とは?名無き仙人のレビューサイト。


1.日本で億万長者になる方法とは?
@「習慣現代」の書評
■雑誌「週刊現代」の{大富豪たちの生活と意見を聞く}の特集を読んでみました。



西日本の長者番付を実名公表し、職業まで公開されていました。
都道府県ごとに、上位20名まで大富豪たちが書かれていたのですが、田舎の県では、非常に医者が多いんですよね。
田舎では、「医者以外に儲からないのか?」と思うほど、医者が多くランキングしていました。

日本の田舎の県では、県民の平均年収が300万円代となります。
田舎の県では、働き場所が地元に根付いた中小企業しか、ほとんどないためです。
しかし、診療報酬(しんりょうほうしゅう)は、都会であろうと田舎であろうと、変わりません。
1人の医者が、1日のうちに見ることの出来る患者数には物理的に限度があり、その限度は、都会の医者であろうと田舎の医者であろうと変わらず、病院に行く老人は田舎にもたくさんいますので・・
都会の医者も、田舎の医者も、収入額は変わりにくいわけですね。

そして病院運営にかかる経費・・土地代や人件費などは、田舎の方が安いため、純利益は、田舎の病院の方が出やすいのかもしれません。
※医者と看護師の人件費には例外もある。

都会で集められた税金が、田舎の病院の診療報酬に変わっているようです。
また、都会で集められた税金が、田舎の公務員の給料に変わっています。
そのため、田舎では医者や公務員が、平均年収300万円代で働いている他の県民より、相対的に良い暮らしが出来ているそうですね。

今後日本で「都会で集めた税金を、地方にまわす」を、続けていく限りは{田舎では医者と公務員ばかりリッチ}という状況が続いていくことでしょう。


さて、日本で億万長者になるには、医者となるか?起業するか?の二択しかないのか?と思うほど、ランキングには医者と社長ばかり並んでいました。
そしてこの傾向は、資本主義経済を導入している国の多くが、同様のようです。
日本で億万長者になるには、医者か、起業家を目指すのが、確率的には1番なのかもしれません。


<writer 名無き仙人>

★よく読まれている記事★
【人気】副業で年収50万円〜100万円を稼ぐ方法「副収入が欲しい人、必見!」

【人気】月収7万円〜8万円を稼ぐ投資手法!手堅い投資対象はコレ

【人気】【就活/転職】ホワイト企業に正社員入社(内定)するコツ!既卒も