「スラムダンク」のレビュー/感想    


スポンサーリンク


「スラムダンク」のレビュー/感想

■バスケットボール漫画「スラムダンク」のレビュー/感想。名無き仙人のレビューサイト。


1.「スラムダンク」のレビュー/感想
@「スラムダンク」の書評
■バスケットボールの漫画「スラムダンク(全38巻)」を読んでみました。



バスケットとは無縁のヤンキー高校生、桜木花道が、赤木晴子にバスケット部への入部を薦めらバスケットを始め・・
持ち前の長身と身体能力の高さを生かし、急成長を果たしながら、全国制覇を目指していく作品です。

バスケットボールのことなんて、まったく知らない人が読んでも、非常におもしろい作品です。
きっと、バスケットというスポーツを土壌に、登場人物達の人間ドラマが花開いているからでしょう。
そのため、バスケットなんてしたことのない女性にも、ファンが多い作品となっています。

主人公が所属する湘北高校のバスケ部監督の安西先生が、
「お前のためにチームがいるのではない。チームのためにお前がいるんだ。」
という意味の発言をするシーンがあります。

‘私’を幸せにするために、世界や他者が存在しているのではなく・・
世界や他者を幸せにしていくために、‘私’が存在している。

なんとなく、仙人道の教えとも似ているように感じ、印象に残っています。


漫画の内容は、ところどころに笑える場面を入れつつ、全体的には熱い物語となっており、ついつい見入ってしまう内容です。

夢に向かって頑張る、熱い熱いストーリーの漫画を読みたい!

そんな気分の時に読むには、もってこいの漫画です。


<writer 名無き仙人>

★よく読まれている記事★
【人気】副業で年収50万円〜100万円を稼ぐ方法「副収入が欲しい人、必見!」

【人気】月収7万円〜8万円を稼ぐ投資手法!手堅い投資対象はコレ

【人気】【就活/転職】ホワイト企業に正社員入社(内定)するコツ!既卒も