「NARUTO -ナルト-」のレビュー/感想   

「NARUTO -ナルト-」のレビュー/感想

■漫画「NARUTO -ナルト-」のレビュー/感想。名無き仙人のレビューサイト。


1.「NARUTO -ナルト-」のレビュー/感想
@「NARUTO -ナルト-」の書評
■漫画「NARUTO -ナルト-」を読んでみました。



この漫画は、忍者・うずまきナルトが、里一番の忍である火影を目指し、数々の試練や敵との戦いを乗り越え成長していく物語です。
特に{うちはサスケ}とのライバル関係や、{春野サクラ}との微妙な恋愛関係は、読んでいてドキドキ・ハラハラしておもしろいですよね。

また主人公であるナルトの先生役{カカシ先生}もカッコイイ人でして、人気投票でも上位に入り、{カカシ先生}が登場しますと、嬉しくなる人も多いのではないでしょうか?

仙人/仙女修行者としましては、漫画の中に出てくる仙術も気になるところではありますよね。
「身体エネルギー」と「精神エネルギー」に、自然界の「自然エネルギー」を加えることで「仙術チャクラ」を作りあげるのが‘仙術’となっているようですが、確かに、仙人術の中には、自然界からエナジーを集めて練っていく術もあります。
しかしチャクラという語は、仙人の世界の用語ではなく、インドのヨーガ修行者が使う用語ですから、「仙術チャクラ」という語は、仙道とヨガが混ざっている言葉であり、・・まあ、細かい部分は気にしないことにしましょう。


なんでもナルトは、国外でも非常に人気なようですね。
アメリカやフランスなどでも、単行本が何千万部も売れているようです。

忍者は、日本国オンリーの名称/文化ですから、忍者を扱う漫画が、世界で人気なのは嬉しいことですよね。

ストーリーも深いため、大人が読んでもおもしろく、これほどまでに人気な理由にも頷けます。

仙人/仙女修行者の合間に、忍術修行なんかも、趣味として行ってみたいものですね。


<writer 名無き仙人>